1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 大河原中学校「アルカス」等が特殊詐欺等被害防止キャンペーンを実施

地区防連による活動

大河原中学校「アルカス」等が特殊詐欺等被害防止キャンペーンを実施

2017年11月06日

大河原地区防犯協会連合会では、全国地域安全運動の活動の一環として、警察署や児童・生徒の健全育成ボランティアである大河原中学校「アルカス」等と連携し、大河原町「フォルテ」前において、防犯キャンペーンを実施しました。キャンペーンは、10月13日(金)、大河原町内の「フォルテ」前において、大河原防犯指導隊や大河原中学校「アルカス」等17名が参加し、防犯指導隊は制服、アルカスはオレンジ色のベストを着用し、店舗入り口にのぼり旗を掲げ、来店客等にチラシ等を配布しながら、大きな声で「特殊詐欺」や「子どもと女性の犯罪被害防止」を呼びかけました。IMG_2063[1]IMG_2064[1]

地区防連による活動

ページ上部に戻る