1. 宮城県防犯協会連合会
  2. みどりの農協鹿島台支店において防犯講習会を実施

活動内容

みどりの農協鹿島台支店において防犯講習会を実施

2018年01月12日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、警察署と連携し、平成27年5月にガソリンを所持した男による「立てこもり事件」が発生した「みどりの農協鹿島台支店」において、防犯講習会を開催しました。講習会は、平成29年12月20日(水)、当地区防連と生活安全課員が講師として出席し、鹿島台支店や農協職員60名の出席の下に実施しました。 講習会では、生活安全課長が「不審者に対する職員の対応要領」について、実例を交えながら説明し、その後、「古川警察署管内における特殊詐欺の発生状況と水際対策」と題し、DVDを視聴しながら講演を行いました。講演終了後は、生活安全課員が、刺す股を使った不審者対応訓練や簡易な護身術訓練を実施しました。講習会終了後、参加した職員からは、「不審者が侵入してきた場合にはどうしたらよいか、大変参考になりました。IMG_2124[1]IMG_2125[1]」、「鹿島台地区でも還付金詐欺被害が多発しているとは知らなかった、お客様に注意を呼びかけていきたい」などの声が寄せられました。

活動内容一覧

ページ上部に戻る