1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 新聞記事を活用した効果的な特殊詐欺被害防止活動

地区防連による活動

新聞記事を活用した効果的な特殊詐欺被害防止活動

2016年06月03日

 丸森町の金山地区防犯協会では、春の地域安全運動期間中、地区内を4日間、青色回転灯付防犯車で夜間パトロールしたほか、振り込め詐欺等の特殊詐欺被害を防止するため
  ○ 広報チラシを作成して、班長や委員が全世帯を回り、声を掛けながら配布
  ○ 地区の情報紙(瓦版)に身近で発生した特殊詐欺を新聞から切り抜いて集めて作った資料   を付けて全世帯に配布
して注意喚起を図ったところ、地域の人たちから、情報が身近で分かりやすいということで感謝され、効果も上がっているということです。

 一方、登米市津山地区防犯協会では、4月下旬、柳津小学校児童生徒の通学路沿いの住宅を戸別訪問し、チラシや防犯グッズを配りながら、児童生徒が登下校する際の見守りと特殊詐欺被害防止の広報啓発を行ったところ、地域住民と直接、情報交換と情報の共有化、さらには連携強化も図られたとのことです。

金山地区の活動状況

金山地区の活動状況

[caption id="attachment_4525" align="alignleft" width="150" caption="津山地区の活動"]津山地区の活動[/caption]

地区防連による活動

ページ上部に戻る