1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 「気仙沼ぼうはんセンター開所式」の開催

活動内容

「気仙沼ぼうはんセンター開所式」の開催

2018年05月30日

 気仙沼地区防犯協会連合会傘下の魚町・北・中央・三八沢田の4つの防犯協会で組織する「気仙沼ぼうはんセンター運営委員会」では、東日本大震災の津波で流失し、閉所していた「気仙沼ぼうはんセンター」を再建し、5月15日(火)、気仙沼市役所において、気仙沼市長をはじめ気仙沼警察署長等関係者70名の出席の下、開所式を開催しました。民間交番としての同センターは、2003年に一番街商店街の空き店舗を借り受けて開所し、魚町・北・中央・三八沢田の4つの防犯協会のパトロールの拠点や防犯相談窓口などとして広く地域住民に親しまれていました。しかし、2011年の東日本大震災の津波で拠点施設が流失したため、やむなく閉所していましたが、「運営委員会」がセンターの再建先を探していたところ、南町交番が仮設庁舎として使用していたコンテナハウスを転用することとし、7年ぶりに復活することとなったものです。開所式では、北防犯協会の鈴木隊長が「新たな拠点で隊員一同団結し、犯罪のない明るい地域社会づくりに邁進します」と決意表明し、運営委員会の千葉会長は「探し続けていた拠点がようやく見つかった、安心して暮らせる地域づくりに貢献したい」と心を新たにしていました。

活動内容一覧

ページ上部に戻る